GIS/RS knowledge base
ArcGIS

Ⅰインストール

  • インストールを開始する前にチェックすること(archydro1.4:ArcGIS9x用)
  • .Net Framework 2.0がインストールされている
  • ArcGIS 9.3/9.3.1 .Net Support がインストールされている (バージョンの確認には"C:\Program files\ArcGIS\Dotnet"をチェックする)
  • Spatial Analyst のライセンスがある
  • MSXML 3.0以降が入っている→レジストリエディタ(ファイル名を指定して実行→Regeditで起動する)を用いて以下の場所をチェック
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Msxml2.DOMDocument\CurVer
    「データ」がMsxml2.DOMDocumentの3.0以上ならOK

上記の項目の詳細は以下のドキュメントのGetting startedを参照してください。
Arc Hydro Tools 1.4 - Tutorial.pdf

  • ArcGIS10用のArcHydro2.0が公開された
    (処理できるデータ数が増えた)
    • インストール前にチェックすること
      • 必要な環境はTurorialに書いてある
      • インストール時に上記条件のチェックが入るのでその指示に従うこと
      • ArcGIS SP3がインストールされていることのみ自分で確認すること
  • ArcGIS10.1用のArcHydro(ベータ版)が公開された
    • まだ試してない

ⅡDEMの下処理

  1. DEMのフォーマットを変換する
    • 各種のラスタデータフォーマットからESRIGRIDデータ(32bitFLOAT)へと変換する
      ArcCatatalogを開きラスタデータを右クリック→エクスポート→ラスタを他の形式に変換
      (オプションのピクセルタイプを32bitFLOATに指定する)
  2. Level DEM(湖のDEMをならす作業)
    • 必要なデータ
      • DEMデータ
      • 湖ポリゴンデータ
        "None"だと湖面の標高がすべて0mになる
        湖沼ポリゴンデータに入力されている湖面標高属性を指定してやると良い感じ
  3. DEM Reconditioning(河川ポリラインデータ位置とDEMの谷部が合致するようにDEMを修正する処理)
    • 必要なデータ
      • DEMデータ
      • 河川ポリラインデータ
        どうやら以下に示す処理をしているようだ
      1. 河川ポリラインデータが分布しているところの標高を極端に低くする(穴を掘るイメージ)
      2. 周辺地域を緩やかに河川ポリラインデータ方向へと傾けさせる(スムージングする)
        注意1:河川ポリラインのクリーニング(農用水路を除く,ループを消す,など)をしないと変な流域ができる
        注意2:"ラインの接合"等を行って合流点(ノード)間を1つの河川区間フィーチャ(アーク)で接続するようにデータの加工が必要
  4. Build Wall(解析対象外の地域を,DEMから除いてしまう処理)
    流域の外側はもちろん内側にも対象外地域の設定が可能
    • 必要なデータ
      • 上記の修正を行ったDEMデータ
      • outer/inner wall data(ex.対象水系の流域ポリゴン)
        →この処理を行う理由
        ・このあとのFill SinkやFlowAccumulationの処理時間短縮
        ・Stream Definitionを行う際のフィーチャ数制限対策
  5. Fill Sink(DEMの窪地を埋める処理)
    • 必要なデータおよび入力パラメータ
      • 上記の修正をおこなったDEMデータ
      • Fill Threshold(埋める窪地の深さの上限 ex.10mの深さの窪地は埋める)
        →浅目に設定すると流路が切れ切れになってしまうので、深めに設定またはFill Allのほうがよいかも

ⅢDEMから流路を抽出

  1. Flow direction (各セルにおける落水方向(方位角)を格納したラスタデータを出力)
    • 必要なデータ
      • 下処理済みのDEM
    • 出力データ
      • Flow Direction Grid
  2. Adjust Flow direction in Lakes(湖上での落水方向の補正) (流域内に大規模な開放水面がなければここはスキップしてよい)
    • 必要なデータ
      • Flow Directionラスタ
      • 湖沼ポリゴン
      • 河川ポリライン
    • 出力データ
      • Stream Adjusted Flow Direction Grid
  3. Flow accumulation(累積流量ラスタの出力・・それってなに?)
    • 必要なデータ
      • Stream Adjusted Flow Direction Grid または Flow Direction Grid
    • 出力データ
      • Flow Accumulation Grid
  4. Stream definition (ラスタ形式の流路を抽出する)
    • 必要なデータおよび入力パラメータ
      • Flow accumulation データ
      • 抽出する河川の規模を指定する(流域面積XXm2以上(セル数でも指定できる)の河川)
    • 出力データ
      • Stream Grid
  5. Stream Segmentation (合流点間の区間に一意のIDを与える処理)
    • 必要なデータ
      • Flow Direction ラスタデータ(湖上での補正済みのもの)
      • Stream Definition ラスタデータ
    • 出力データ
      • Stream Link Grid

Ⅳ流路の上下流接続関係を定義する処理

  1. catchment Grid Delineation(河川区間毎に流域界を定義する処理)
    • 必要なデータ
      • Flow Direction ラスタデータ(湖上での補正済みのもの)
      • Stream Link Grid
    • 出力データ
      • catchment Grid
  2. Catchment Polygon Processing(各流域の連結性の情報を付与した流域Polygonデータの出力)
    • 必要なデータ
      • Catchment Grid
    • 出力データ
      • catchment(ベクタデータです)
  3. Drainage Line Processing(各河川区間の連結性の情報を付与した河川Polylineデータの出力)
    • 必要なデータ
      • Stream Link Grid
      • Flow Direction ラスタデータ(湖上での補正済みのもの)
    • 出力データ
      • Stream(ベクタデータです)
  4. Adjoint Catchment Proccessing
    • 必要なデータ
      • Drainage Line
      • Chachment(Polygon)
    • 出力データ
      • Adjoint Catchment
  • どうやら10000フィーチャ以上は処理できない模様(ぴったりそこで処理がとまる)
  • ArcGIS10用のArcHydro2.0ではそれ以上のフィーチャ数の処理が可能

流域界の出力

  • 流域界の抽出
    1. batch point generation ボタンを使って任意の場所に流出点を作成する
    2. watershed processing→batch watershed delineationを選択し、指示されたデータを入力するのみ
  • サブ流域界の抽出
    1. batch point generation ボタンを使って任意の場所に流出点を作成する
    2. watershed processing→batch sub-watershed delineationを選択し、指示されたデータを入力するのみ
  • watershed delineation と sub-watershed delineationの違い
    type_of_watershed_delineations.jpg
  • 既存のポイントデータ(ex.ダム地点)を流出点ポイントデータへ変換するには
    1. batch point generation ボタンを使って任意の場所に2~3点の流出点を作成する
    2. watershed processing→batch watershed delineation処理を実施し、正常に流域界が出力されることを確認する
    3. 作成したBatchPointのレコードを削除する(空のデータを作成する)
    4. ダムのデータをBatchPointへapend(ArcTool box → Data Management Tool → General → Append)する
    5. 以下に示す各種の属性データ(流出点情報や処理フラグ)を入力する
      • フィールド演算や編集モードでの直接入力
        Name(ダム名)
        Description(備考)
        BatchDone(0:流域抽出を行う 1:流域抽出を行わない)
        SnapOn(0:河川データへのスナップ処理を行わない 1:河川データへのスナップ処理を行う)
      • 編集モードでの直接入力のみに対応(フィールド演算で入力するとエラーがでます)
        SrcType(0:Outlet<流出点> 1:inlet<流入点>)

(編集中)河川データの下処理

  1. Assing Hydro ID
    • 河川ポリラインにIDを振る
  2. Generate From/To Node for lines(河川フィーチャ間の連結関係を属性として与える)
    • これについてちょっと問題発生
      FIDが1000を超えるとフィーチャにFrom/ToNODEが付与されない なぜだろう?
  3. Assign stream slope(河床勾配を定義する作業→河川の流下方向を判断するためのものかな)
    • 必要なデータ
      • DEMデータ
      • 河川ポリラインデータ(From/To Node属性を付与したもの)
  4. Burn stream slope(河床勾配ラスタを作成する処理)
    • 必要なデータ
      • Assign stream slope作業を行った河川ポリラインデータ

添付ファイル: filetype_of_watershed_delineations.jpg 976件 [詳細] fileagreeDEM.pdf 1370件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-01 (金) 15:11:51 (3637d)