QGIS

QGIS:プロジェクトファイルを相対パスで保存

GISデータを共同作業者等に渡す際には
自分の作業しているQGIS上のレイヤ構成や凡例、ラベルなどを
相手がそのまま復元できると便利です。

そのようなデータの受け渡しは、
QGISプロジェクトファイル(.qgs)に関連付けられたGISデータを
相対パスで保存することで可能になります。

relative_path-705699.jpg
  1. GISデータ(ベクタ・ラスタ)をひとつの親フォルダにまとめる
  2. QGIS上に1のGISデータ(レイヤ)を追加し表示や投影法等の設定を行う
  3. メニューバーの"設定"→"プロジェクトのプロパティ" →"一般"タブ→保存パス→相対パス→OK
  4. 1のフォルダ内にプロジェクトファイルを保存する
  5. 1のフォルダごと持ち運ぶor 渡す

あとは相手側のPCの好みの場所にフォルダをコピーし QGISプロジェクトファイルを開くだけでOKです。


添付ファイル: filerelative_path-705699.jpg 1110件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-05 (火) 10:15:34 (3633d)